日々の生活でチョット気になった事、オススメ商品の
ご紹介、わたくしの暮らしぶりなどを掲載しています




2016年01月06日

老舗精肉店 ミートプラザニシジマの牛小間


西島畜産が運営するミートプラザニシジマは、中野のお祖母ちゃんちのすぐ近く。お祖母ちゃんちは、新井薬師から徒歩5分なのよ。

昭和8年創業の、老舗精肉店だよ。
お祖父ちゃんが舌の肥えた人だったから、お肉はニシジマと決まってたのね。

あ、ダーリンのお祖父ちゃんの話なのよ。
お義母さんの、実家ね。
お祖父ちゃんちに行くと、いつも美味しいお肉を食べられるって、ダーリンは子供の頃から思っていたみたい。



公式サイトでお取り寄せページを見ると、贈答用に使いたいハイレベルな包装とお値段。我が家の生活レベルだと、家庭用としては手が出ないわ。

でもでも♪
ドドーーーン!
ニシジマのお肉だよーーー*\(^o^)/*

ニシジマのお肉1キロ(牛小間)

イヤッホーィ☆



お祖母ちゃんが、毎年お正月に買ってくれるんだ。
ステーキ用とかしゃぶしゃぶ用とか、すき焼き用とかじゃないけど、それはそれは美味しいお肉なのよ。今年は、2回に分けて食べた!

reside_2016-01-02 19.42.29.jpg

これが、半分の量。



半分が、500グラム。
1人あたり200グラム以上の計算なのに、美味しくってペロリとイケる♪

reside_2016-01-02 19.45.46.jpg

お肉そのものが美味しいから、調味は軽く塩コショウのみ。

にんにくチップは、欠かせない!

reside_2016-01-02 19.42.14.jpg

鉄板焼きレストランのステーキも、塩・胡椒・ガーリックが基本よね。それと、ワサビ。

ニシジマのお肉は霜降りだから、ワサビを付けるとサッパリ頂ける♪

その他、韓国のり&ニンニク醤油とか、大根おろし&ポン酢醤油などもお勧めよ。



ステーキだと焼く時に緊張するけど、こま切れなら簡単。火力は強めにしておき、ところどころ赤い部分が残る程度で火から降ろして盛り付け。牛肉はレアーでもオッケーだし、どうせ予熱で赤い部分はほぼ無くなるの。



ニシジマのお肉、美味しいよ!







**スポンサー広告








タグ:精肉店
posted by ヨシカ at 16:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ├― クッキング@鎌倉我が家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアチーズケーキ作り「だーかぁらあー・・・ギリギリ過ぎるってば」


ダーリンが、ひと言。

「だーかぁらあー・・・ギリギリ過ぎるってば」

reside_2016-01-05 15.52.50.jpg

用意したケーキ型に入りきらず、なみなみ状態。

きっと、無理だろうとは思ったけどね。



器のセレクトがいつも小さすぎるから、ダーリンからその度に注意されるの。

昨日作ったレアチーズケーキが、ケーキ型に入りきらなかったのには理由が有る。て言うか、これより大きい型は持ってないし。

前回作ったレシピとは、違うレシピで作ってみたのよね。実は、前回のレシピを探しきれず。確か、クックパッドで検索したはずなんだけどな。レシピ、保存しておけば良かった。

今回参考にしたクックパッドのレアチーズケーキレシピも、前回と同じくらい簡単なもの。違うのは、ヨーグルトを使わない事と分量。



美味しくできたから、問題無いけどねー。

昨日は、ココットに入れた余り分を、食後のデザートで食べてみた!

reside_2016-01-05 16.06.41.jpg

パステルの、プディング用ココット。
調度、ぴったり♪

今夜は、ホールケーキをカットするよ。







**スポンサー広告








posted by ヨシカ at 10:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ├― クッキング@鎌倉我が家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

わたくし芳香のお雑煮


わたしの場合の、お雑煮を紹介。

暮れに買い物をしなかったから、みつ葉やかまぼこ、柚子などが無いけど。常備している鶏モモ肉と、手元にある野菜で作ったよ。

reside_2016-01-02 19.17.46.jpg

具材は、大根、にんじん、ごぼう、椎茸、鶏肉。

青いものが、一切無いね。



ただし、お出汁は抜群に効いている♪

私の場合は、お雑煮と言えば椎茸&昆布だし。

そのだし汁半分くらいを取り分けて、今度は鶏モモを茹でて鶏だしも作るのよ。

reside_2016-01-02 11.45.27.jpg

以前は、他の具材と一緒に鶏モモも入れて煮込んだけど、どうしてもアクが出てスープがにごるのよね。アクをすくうのにも限界があり、ここ数年は鶏の茹で汁を濾(こ)しながら元の鍋に戻す手法を取っているの。

すると、椎茸&昆布&鶏で作った、透明でキレイなスープが出来る♪

鶏ダシをとっている間に、大根だけは先に煮込み始めるよ。そうすると、柔らかくおでんの大根みたいになって、味が浸みこむ。

調味は、酒と塩と醤油。

醤油は入れ過ぎ無いようにして、最終的な仕上げには塩。塩を少しずつ、3回くらいに分けて加えるの。入れ過ぎて塩辛くなると、台無しだから。



たっぷり作るから、お正月の松の内(関東では元旦から1月7日までを松の内と言いますね。)はいつでもお雑煮がスタンバっている状態。毎日お餅を食べると便秘になるから、三が日が過ぎた頃からは2日に一度くらいのペースかな。

温め直す時には、アラジンを活用♪

reside_2016-01-02 17.40.07.jpg

しっかり温まるのに、絶対に沸騰しない!

お豆を煮る人が、ストーブを利用する気持ちが良く分かる。



来年は、せめてカマボコとみつ葉くらいは準備しておこう。







**スポンサー広告








posted by ヨシカ at 16:52| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ├― クッキング@鎌倉我が家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

年越し蕎麦は鶏南蛮


新年 あけましておめでとうございます
本年も どうぞ宜しくお願いいたします



年が明けちゃいましたが、年越し蕎麦の記事アップ♪
だって、美味しく出来たんだもーん!

reside_2015-12-31 22.11.10.jpg

鶏南蛮にしたよ。



刻みネギと七味を、たーっぷりかけるんだ。

reside_2015-12-31 21.59.25.jpg

容器は京七味だけど、中身は浅草の薬研堀なの。



昆布ダシもとった、美味しい南蛮蕎麦。

reside_2015-12-31 22.12.39.jpg

最後は、蕎麦ツユも入れて飲み干した!



今日から、新しい年なんだね。
時間の流れが速すぎて、自分の人生に置いてけぼりくらっちゃう。

しっかりと、毎日の生活に幸せを感じて生きて行こう。
いつも幸せを、実感するようにしよう。

惰性で、その日を過ごさないように。
一日いちにちを、大切にするよ。







**スポンサー広告








タグ:蕎麦
posted by ヨシカ at 00:52| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ├― クッキング@鎌倉我が家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

大好評のレアチーズケーキ


以前に作った、材料3つで作るスフレチーズケーキも好評だったけど、レアチーズケーキも大好評だったの!ゼラチンで固めるレアチーズケーキは、ベイクドのようにオーブンを使わないから、作る側にとってもラクチンで嬉しい。

数か月の間、レアチーズケーキを作りたいと思っていたけど、きっかけがつかめず。或る日、スーパーでフィラデルフィアのクリームチーズを手に取り、作ることにしたのよ♪

reside_2015-12-03 001.jpg

レシピは、高校時代に作った記憶をたどって、クックパッドで検索。



やっぱり、簡単で良いね。

reside_2015-12-03 002.jpg

旦那さんが、こんなの作れるのー!って、感激してた。
スイーツ好きには、たまらないかも。



型から外す時は、こんな風にするんだよ。

reside_2015-12-03 17.29.29.jpg

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

reside_2015-12-03 17.30.00.jpg

固まったレアチーズケーキを缶詰の上に置いて、温めた濡れタオルで型の周りを包んで少し溶かす感じ。するりと型を下にずらして、お皿に移動。

お皿に移動させる時に、ケーキ型の皿を外すのに少し神経を使ったけど。



自宅で、簡単スイーツ。
来年も、時々作ろう♪



さて、我が家では美味しいダシの香りがしてきたわ。
鶏南蛮そばの、スープを作っているの。

大晦日には、年越し蕎麦。
1年の、締めくくりの夕食ね。


明日の新年初日には、旦那さんの親族と新年会。
毎年恒例なのよ。

元旦の、家族と共に過ごす楽しい時間。
幸せな家庭に嫁ぐことができたと、今更ながら感謝。

あなたも、良い年をお迎えください♪







**スポンサー広告








posted by ヨシカ at 18:17| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ├― クッキング@鎌倉我が家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする