日々の生活でチョット気になった事、オススメ商品の
ご紹介、わたくしの暮らしぶりなどを掲載しています




2016年08月16日

長谷川洋美先生の出版記念パーティ@赤坂「白碗竹筷樓」


「ばいわんじゅうかいろう」って言う、レストラン。
北京料理の、中華レストランです。

漢字で書くと、「白碗竹筷樓」です。
とても読めません。

7月30日。
土曜日。
1年越しで先生が開催したいと願っていた、出版記念パーティが執り行なわれたのです。





【掌編】The Cocktail Story
 ―あなたに贈る、20種類のカクテル小説―



タロットの魔女


続・タロットの魔女





すっごく素敵な空間でした!

白碗竹筷樓のエントランス

親友Kと、赤坂見附で待ち合わせ。
アタシたち、相当な方向音痴?

迷い込んだ赤坂見附の住宅街をウロウロしていたら、さまよっている不憫な私たちに場所を教えてくれたのは、宅配業者のお兄さん。さすがですね!お兄さんに言われた通りに進むと、1分後に到着しました♪




レストランの建物は、昔お風呂屋さんだったんですって。ものすごくレトロな内装で、ノスタルジック。

reside_party1.jpg

1階の奥にも、個室が有る模様。
画像の右上が1階奥の広間で、右下は2階の広間です。




私たちが招待されたのは、お二階の個室です。ここは、完全に独立した部屋なので、パーティ進行にぴったりなのでした。

reside_party4.JPEG

15人くらい、集まったのかな。
先生のご主人も、初お披露目でしたよ。

先生にしてみれば、高校時代からの親友の方から、勤務時代の仲間や起業した頃からのお仕事仲間、現在のお友達までが勢ぞろい。私たちは4名の教え子という事で、お呼ばれしたのでした。

某企業の教育担当社員を育てる、スパルタ講師。それが、長谷川先生だったのです。

本当にスパルタだったけど、お陰でその後のお仕事は、楽しさが倍増したんですよね。大変だったけど、楽しいと思える仕事だったなぁ。




美味しい北京料理と、長谷川先生が進行する楽しいパーティ。

reside_party2.jpg

どれもこれも、上等なお味で幸せ。
フカヒレスープや北京ダックと言う、王道メニューもペロリ♪




本当に、素敵な時間。




でもね、先生が無茶ぶりするから・・・。
全員、自己紹介させられて・・・。
私、何を自己紹介したか覚えてないわ。
最初に、「ご機嫌よう♪」って言った事だけが、頭に残っています。




それにしても、ご馳走がズラリ。
紹興酒も、進む進む(笑)

終盤に出てきた、お鍋のようなお魚料理。

reside_party5.jpg

これが、メチャウマなのでした。
ただ、お腹がはちきれそうで、全部は食べきれず。

鶏がら風味の、大根と鶏団子のスープも絶品でしたね。

reside_party6.jpg




長谷川先生は、「本を書くのが、夢なの。」と、出会った頃から話していました。
正しくは、本を出版してたくさんの人に読んでもらう事ですね。先生は、すでにいくつもの物語を書いているんですから。

出版した本として初めての作品は、「タロットの魔女」。まさかまさかの「続・タロットの魔女」も書いてくれて、読者ファンの私は本当に嬉しかったです。

そして、一番最近出版されたのは、「The Cocktail Story」という20編の短編小説。先に、電子書籍として出版されて、つい先日ペーパー本も出版されました!

今回も、サインを入れてもらいました♪
私の、宝物です。

「The Cocktail Story」の付録として、PDF形式で付いてくる「短編小説 ズブロッカ」。ちゃっかり印刷して、こちらにもサインしてもらっちゃいました。




パーティが終わっても、先生ともっとお話ししたくて、少しだけ二次会に参加しました。

reside_party3.jpg

赤坂見附から鎌倉に帰る私は、長居できず。
それでも、ギリギリまで楽しみました!



2016年7月30日の、パーティ。

この夏のイベントど真ん中の、夢のような一夜でした。





【掌編】The Cocktail Story
 ―あなたに贈る、20種類のカクテル小説―



タロットの魔女


続・タロットの魔女








**スポンサー広告








posted by ヨシカ at 18:33| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ├― お外ごはん@鎌倉その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Shibuyaヒカリエのシアターテーブルで6年振りの再開


再開。



気分は、ワクワク!



2016年7月23日(土)に、大好きな後輩と会ってきた。



彼は2児の父であり、行く行くはキーマンになるであろうバリバリのビジネスマン。昨年は、大学院の修了を果たして一つの目標を達成し、未来に向けては起業の夢を持っている。

世間知らずの若者だった彼は、今や尊敬する立派な社会人だわ。






「THE THEATRE TABLE」という、レストラン。

K君が再開のために予約してくれた場所。私たちが出会ったのは、某企業の渋谷ハチ公前支店だったの。長年勤めていた会社の後輩であり、教え子的存在のK君。待ち合わせ場所は、私たちの職場だったビルの前。そこから、当時は無かったShibuya ヒカリエの11Fにあるレストラン「シアターテーブル」へ。

シアターテーブル@渋谷





K君と会ったのは、確か11年前。
私はまだ、横浜の仲町台というところに住んでいた。




ひたむきなK君が、新卒社員として入社したのは渋谷ハチ公前支店。私は、常駐先が支店という本社付け教育担当の1年生。遣り甲斐のある仕事に熱く燃えていた私は、若いK君に随分厳しく対応したっけ。色々有ったけど、誠心誠意を尽くしてK君の教育に当たったつもり。反省点も多々あるけれど、K君も全力で私についてきてくれたのよね。




その後、お互いの配属先が変わったけど、遣り取りは続いたよね。鎌倉に越して4年経った頃に、K君を招いてとっても成長した彼を見て微笑ましかった!K君は、入社5年くらいの頃で、まだ独身の寮生活だったね。

大好きな海辺のレストラン「アマルフィイ」で、ランチを食べたの。

あれから、6年。
今日は僕がご馳走しますって言って、「シアターテーブル」に招いてくれた。K君も、世田谷に一軒家を構えるほどになって、もはや対等どころか私以上に大人になったね。




K君と会うのが楽しみで、数か月前から用意していた手土産。

reside_2016-07-23 10.10.51.jpg

お気に入りのポーラのハンドクリームは、奥様へのプレゼント。無添加の虫よけスプレーとサンブロッククリームは、お勧めのエルバビーバ。これは、2人のお子様へ♪

実は、最初のプランでは再開するのが4月だったのよね。夏に向けて用意した、手土産品。夏真っ盛りの再開日となったけど、まだまだ重宝すると思うわ。




それと、最近お遣い物に利用している「鎌倉屋」のチーズケーキ。

鎌倉チーズケーキ@鎌倉屋

後日、すごく美味しかったと連絡をくれたわ。

以来、何かと言えばこのチーズケーキをお遣い物にしているのよ。スイーツだけど、常温保存できるから助かるの。





「シアターテーブル」のランチ、美味しかった!

reside_2016-07-23 11.38.43.jpg

ランチのコースをセレクトしたら、まずはサラダバーへ。
ほぼ全種類を、盛ってきた(*^^*)

サラダバーって、お代わりしても良かったのかしら。
食欲旺盛な私は、Kとシェアしながら食べた2人分のランチでは飽き足らず、パスタも追加してもらったんだよねー。ビールもいっぱい飲んだし、散財させちゃったわね。

「シアターテーブル」ランチ

あー、ランチメニューを見てたら、お腹空いた〜!




ヒカリエの「シアターテーブル」は、お喋りするのにとても良い空間。結局、5時間くらい話し込んだわね。




K君は、思い出の本も持ってきてくれて。

人生の地図

様々な人のエッセイ的な名言集が綴られていて、言葉の内容に一貫性は無いの。ただ、色々な人が生きていて、色々な感情というものが有って、たくさんの考え方がこの世には有るんだと思える本。

この一冊の本の内容を、お互いに共有したくてね。

K君に借りたこの本を、一字一句大切に読みながら、各ページに私の感想を短く付箋にメモ書きして貼ったのよ。K君と私も、違う人間でしょう。だから、それぞれの言葉に対する感じ方も違うのよ。

当時は意味不明だった私の感想文が、今は分かるっていう箇所がいくつか有るんですって。そして、未だ理解不能な私の感想文も、有るらしいのよ。この先、理解できる時が来るのかもしれないから、楽しみなんだと言っていたわ。

私の貼った付箋をそのままに、「人生の地図」を大切に保管しているんだって。





K君、これまでの人生を、プリントアウトしたPDF資料にまとめて来てくれて。

うふふ♪

プレゼンみたいで、楽しかった!





そして、これからの夢も語り合ったの。




K君にね、再開できて良かったよ。
私も、夢を持って生きようって、改めて思った。

与えられた人生の時間は、永遠ではないという事。遣りたい事、挑戦したい事は後回しにしない人生。

私たちに共通している価値観の一つには、家族愛があるわね。人生のベースには、大切な家族が居る。これまで育ててくれた家族、今一緒に生きている家族、この先助け合うであろう家族。

家族と幸せに人生を過ごす毎日に、自分の夢がスパイスされる。




独りよがりには、生きていけない性分。
私たちは、そういうところが似ているね。




自分と、家族。
みんなが幸せに生きられるように、工夫も必要。
良く考えて、怖じ気ないで楽しく挑戦しよう。




K君、有難う!







**スポンサー広告








タグ:ランチ
posted by ヨシカ at 11:22| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ├― お外ごはん@鎌倉その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

おばあちゃんのお雑煮


元旦の昼は、必ずお雑煮と決まっている。

reside_2016-01-01 13.55.33.jpg

おばあちゃんの作る、お雑煮。
1年で最初に食べるのが、おばあちゃんのお雑煮。

大根、にんじん、竹の子、ごぼう、椎茸、菜の花、鶏肉、かまぼこ、柚子の皮が入っている。
お出汁は、昆布と鰹節。
具は入れずに、スープだけ作るんだって。
あっさりしている、上品な味わい。

お餅は、お米屋さんで買ってくる切り餅。
甘味があって、超伸びが良いお餅。



おせちも、用意してくれたよ。

reside_2016-01-01 13.47.27.jpg

このほか、黒豆やナマスも並んだお重箱を、みんなでつっつく。



家族で和やかに過ごす、元旦のお昼ごはん。
おばあちゃんが今年のお正月も健在で、感謝♪
今年1年も、元気で居てね。







**スポンサー広告








posted by ヨシカ at 12:24| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ├― お外ごはん@鎌倉その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

崎陽軒 秋のシウマイ弁当


崎陽軒のおべんとう。
シウマイ弁当は、有名ね♪
季節限定品も、あるの。


今年は、秋のお弁当をゲット!

崎陽軒のおべんとう

親族で鎌倉霊園にお墓参りをする時に、たいていお義母さんは崎陽軒のお弁当を買ってくる。お弁当のおこわも美味しいし、幕の内スタイルになっている詰め合わせのおかずも味が良いわ。

紅葉シーズンに販売された「秋のおべんとう」。

崎陽軒 秋のシウマイ弁当

11月下旬のこの日は、お墓参りのあとに我が家に戻ってからお弁当タイム。桜のシーズンなら、陽気の下で芝生にくつろぎながら食べるんだけど。さすがに、秋の鎌倉霊園は寒い。自宅で、美味しく食べました!



手軽で美味しい、崎陽軒のおべんとう。
お勧めよん♪







**スポンサー広告











posted by ヨシカ at 13:03| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ├― お外ごはん@鎌倉その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする